いじめられている君へ

f:id:mktawata:20170421224705j:plain

僕は、昔、いじめられていました。

 

原因は、赤面症。と、そこから来る、「友だちがいない」という事実。机中に油性ペンで落書きされたり、10人位に囲まれて罵声を浴びせられたりしていました。

 

当時中学1年生、13歳。

 

21歳になった今、未だに人と喋るのは苦手だし、一人の時間が大好きな根暗人間ですが、僕は、毎日が凄く楽しいです。8年前の僕には想像できないくらい、幸せに、充実した毎日を生きています。

 

そんな僕から、いじめられている君へ、少しでもメッセージを伝えられればと思い、筆をとりました。つたない文章ですが、是非ご一読いただけたらと思います。

 

 

逃げてよし。

 

親からも、先生からも、社会的にも、「学校に行かないといけない」って言われるかもしれない。けどそれは、”学校に行って、いい人生が手に入った人”が言ってること。

 

学校に行かなくていい人生が手に入った人もいっぱいいる。学校なんて、所詮社会の中のごく一部の狭い狭いコミュニティー。

 

逃げ道はいっぱいあるから。

 

教室が嫌なら、保健室に行けばいい。高校に行けば、通信制だって単位制だってあるし、高校を卒業すれば選択肢はもっと広がる。

 

僕だって、保健室に逃げてた。

 

逃げるのは悪いことじゃないよ。自分の事を大事にしてくれる場所は、きっとあるから。

 

自分を精一杯表現しよう

 

君にだって、好きなことがあるはず。

 

本が好きだったり、動物と触れ合うのが好きだったり、Youtubeを見るのが好きだったり、ネットゲームが好きだったり、歌うことが好きだったり。

 

僕は、中学校の頃、ネットゲームにハマった。家に帰ると速攻パソコンの電源を入れてたし、休みの日は一日中やってた。

 

お陰で、そこそこ強くなった。ちょっとだけ有名にもなった。ゲーム上の友人の影響でブログを始めてみた。少しづつ、そこに読者が付き、ファンが付いてきた。

 

そこは、自分を認めてくれる世界だった。

 

自分が唯一、自分でいられる場所だった。

 

13歳の僕は、ネットゲームの世界に逃げ込んだんだ。

 

一般的に優秀とされる人達から見たら、ただの負け犬だっただろう。保健室登校のいじめられっ子がネットゲームにハマってブログ更新してるなんて、笑いの種にしかならない。

 

けど、僕はそこで”ネットの力”を体感した。

 

僕が更新した記事が、100人に見られる。僕の文章が、言葉が、100人に届く。これには心から感動した。現実世界で100人の前に立って話すなんて、そうそう出来ることじゃない。けど僕は、ネットの世界でそれを経験した。

 

未来へ繋がる

 

じゃあ、ネットゲームにハマった経験が今どうなったかって言ったら、”自分を表現するブログを運営してそれで食っていく”っていうライフスタイルに変わった。

 

今はワクワクで一杯。

 

新しいアイデアもいっぱいあるし、Youtuberもやろうとしてる。このブログも、色んな展開が頭にあってウズウズしてる。

 

あの時、逃げなかったら、今頃”あの凡人達”と一緒にヘコヘコ面接官に頭下げて、他人の目を気にしながら、いじめに怯えながら孤独に生きていたに違いない。

 

僕は逃げたから、新しい道を知れた。自分が輝ける生き方を知れた。

 

だから、安心して、逃げてください。

 

道は一つじゃない。